薄毛によいシャンプーの仕方とは?

薄毛を気にする方がまず自分でできる対策法は、なんといってもシャンプーの仕方を変えることです。

今すぐに変えることができることで、しかも毎日簡単に続けられることなので、薄毛が気になる方には特にしてもらいたいことでもあります。

薄毛に良いシャンプーの仕方とは、まず髪を濡らす前に、髪のもつれをとくところから始まります。

てぐしかブラッシングで軽くもつれを取っておくと髪にかかる負担が少なく、抜け毛を減らすことができます。

実際にシャンプーをする時には、まずぬるま湯で予備洗いをして、シャンプー剤をつける前に、汚れやほこりを流し落とすようにします。

その後に、適量のシャンプーを手に取って伸ばすようにしながら、髪全体にのばし、よく泡立てて使うようにします。

この時、もちろん爪を立てたり髪を引っ張ったりするようなことは絶対にしてはいけません。

頭皮を洗う場合には、指の腹を使って、汚れを落とすというよりも頭皮マッサージをするような感じで洗うようにします。

シャンプー剤を流す時も重要です。

たっぷりのお湯で丁寧に、シャンプー剤が残らないようしっかりシャンプーします。

とはいっても、強い水圧でごしごしと流すのは良くありません。

たっぷりのお湯で丁寧に髪を優しくまとめつつ、シャンプー剤を流すようにします。

その後、リンスやコンディショナーを使う場合にも、それらを最後によく洗い流すことは絶対に心がけるようにしましょう。

シャンプーの後髪をふくときも、引っ張ったりごしごし拭いたりするのは良くありません。

優しく包み込むように、髪をふくようにします。

優しくシャンプーすることから、薄毛の対策(http://www.abo-adsl.com/)を始めていきたいものですね。